まつ毛が伸びる「キャスターオイル」で目ヂカラUP↑

shutterstock_245514391

目の印象を左右する「まつ毛」

マスカラやつけまつ毛、まつ毛エクステなどなど、まつ毛のボリューム感を出すために様々なメイク道具が登場していますが、やっぱり重要なのは、自分のまつ毛「自まつ毛」。

まつ毛が短い、少ない、加齢でまつ毛が薄くなってきた…などなどまつ毛の悩みはあれこれあると思います。

そこで、今インスタなどで話題になっているのが「キャスターオイル」!!

キャスターオイルとは

キャスターオイルは日本だと「ひまし油」と呼ばれる植物性のオイル。「唐胡麻(トウゴマ)」と呼ばれる植物の種から絞り出したオイルの事を言います。「カスターオイル」と表記されることもありますね。

shutterstock_453309037

黄色みがかかった、固めのテクスチャーを持つオイルで、独特の香りが強くあります。酸化しにくいので、劣化しにくいというのも特徴の一つです。

クレオパトラが使っていたとか、西洋では様々な病気や疾患に効果があるために「キリストの手」と呼ばれていたりする、実に優れたオイルなんですよ。

ほかのオイルと何が違うの?

shutterstock_435148000

キャスターオイルの主成分はリシノール酸。鎮痛剤や抗炎症剤として、医薬品にも使われています。アロマセラピーに使われることもあるそう。

エネルギー代謝を活発にするので、体内のサイクルを正常に戻してくれるという働きがあるんだとか。そしてキャスターオイルには、このリシノール酸がなんと90%も含まれているんだそうです。

そして、美肌や美髪、美爪などに欠かせない成分、ビタミンEや、オレイン酸、リノレン酸、ステアリン酸…などなど保湿成分もてんこ盛りなんです。

キャスターオイルの効果

まつ毛、髪の毛、眉毛…などの育毛に!

shutterstock_443561158

代謝をあげるという事で、なんと「育毛剤」のような使われ方もするキャスターオイル。血流がよくなることで、美しい「毛」を育てるんだそうです。そして、現在生えている毛の保湿も行うので、毛穴と毛にWで効果あり!

美肌をつくるスキンケアに

shutterstock_351270392

保湿成分が高いので、潤いをバリアすることができます。そして、代謝をよくすることでシミにも聞くといわれています。抗酸化作用により、ニキビにもいいそうです。

指先のネイルケアにも

shutterstock_307721603

かわいいネイルアートをしたくても、自爪がボロボロだと仕上りがよくないことも。保湿成分に加え爪を作るビタミンEも含まれているので、ネイルケアにもピッタリ。

体のデトックスに

shutterstock_74008219

リシノール酸によって代謝が活発になることで、リンパの流れも改善されるそうです。そして血液の循環にも作用し、体に蓄積された毒素や老廃物を排出してくれるんだそうです。腹部に湿布すると宿便まで排出してくれるんだとか…。

キャスターオイルの使い方

直接塗る

shutterstock_173252576

まつ毛育毛やニキビなどにはこの、直接塗る使い方がオススメ!綿棒などにオイルを含ませて、直接ちょんちょんとつけていきます。スクリューブラシを使うとまつ毛に塗りやすいなんて情報も!

キャスターオイル湿布

shutterstock_439644289

デトックス効果が発揮されるのがこの「キャスターオイル湿布」。布にタップリとキャスターオイルを染み込ませて、その布を腹部にあてます。その上からオイルカバー(ラップでもOK)をして、温熱ヒーターなどで温めるといった方法です。

デトックスの他、鎮静作用によりリラックス&ストレス軽減、なんてうれしい効果も。

他のオイルと混ぜてマッサージオイルに

shutterstock_199668629

そのままだと少しとろみが強いので、オリーブオイルやココナッツオイル、ホホバオイルなどと混ぜてマッサージオイルにするのもいいです。ヘアケアやスキンケアにも使えますし、関節痛など痛みを感じるところにオイルマッサージをするのも効果的!

キャスターオイルで全身ツヤピカ

shutterstock_453295243

目ヂカラをあげるだけじゃなく、スキンケアにもヘアケアにもネイルケアにもデトックスにもなんでも使える万能なキャスターオイル。乾燥しがちな冬に役に立ちそうですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします